肌のプツプツ

1日目。出掛ける直前、子供が突然「痛い!痛い!」と騒ぎだしたのでどうしたのかと見たら、昨日虫に刺されて痒かったから掻いたら皮がむけてしまって痛いらしい。

でも昨日は痒がっていなかったし、お風呂や着替えの時も虫刺されの痕はなかったような・・・と思いながら、もう家を出る時間だったのでとりあえず大急ぎでキズパワーパッドを貼って慌てて出掛けた。

キズパワーパッドは転んだ時などの擦り傷が早くキレイに治るし、貼っておくとお風呂などでもしみないし、膝をついたりしても痛がらないので重宝してます。傷口から出る滲出液で傷口を治すという湿潤療法のシールパッドです。滲出液が溜まってくるとパッドが白くぷっくり膨れてくるので、その日の夜に見た時は直径1cm強の大きさで白くなっていた。

2日目。翌朝キズパワーパッドを貼っている近くに1㎜くらいの小さな水疱みたいなプツプツを1個発見。その後楽しみにしていたプールに出かけてすぐにまた痛がり、見たら水疱が破れていたので絆創膏を貼って水に濡れても大丈夫なように薄いフィルム状の防水テープを重ねて貼って応急処置。

帰宅して確認したらまた近くに小さーいプツプツを3個発見。もしやこれは明日水泡になって破れるのか?明日は日曜だから月曜になったら朝イチで皮膚科に行こう。もしかして水疱瘡?と不安になりながらもとりあえず就寝。赤くもない痒みもない小さい水疱についてネットで検索しても“これだ!”というものが無く、スッキリしなかった。

3日目。昨晩小さいプツプツだったところは水疱にはなっていないようだけど、プツプツが小さすぎて プツプツなのか毛穴なのか よく分からない状態。どれも疑わしいといえば疑わしい。最初のキズパワーパッドを貼ったところの滲出液は2cm大になっているけど、まだパッドからあふれる程ではないのでそのままにしておいた。

4日目。朝イチで病院へ。小児科と迷ったけど、何だか分からないので専門の所の方が良いかなと思い、初めて皮膚科へ行った。傷口を見せてと言われ初めてキズパワーパッドを取ったら真っ黄色の膿が溢れ出して来て思わず悲鳴をあげてしまった…。先生は見た瞬間に「とびひだね」と。水疱瘡ではなくとびひだったらしい。最初5㎜だった傷口は3cm×2cmくらいの大きな傷口になってしまっていた。とびひは潤すのではなく乾かさなければいけないらしい。細菌の感染なので、塗り薬と5日分の飲み薬を処方された。数日はお風呂はシャワーのみ、泡で清潔に洗うことと指導された。

ある日突然どうしてとびひになったのか不思議がっていたら、先生いわく「前日に園でうつったのかもしれないね。たった1日でどんどん水疱が出来ては潰れるからあっという間だよ。でも治るのも早いから大丈夫だよ」と。

5日目。塗り薬は大きい傷口だけ1日2回、他は1~3㎜の水疱の痕が4~5カ所は1日1回塗る。塗り始めてまだ1日しか経っていないけど、すでに皮膚の表面がカサカサして回復している感がある。昨晩のシャワーも絆創膏などで保護せず直接シャワーを当てても泡で洗っても痛がらなかった。とびひって本当にスピーディーだなと実感。

6日目。明後日は海水浴に行く予定だけど、先生の相談したら行って大丈夫とのこと。もう皮膚はできてきてるから海水も沁みないし全然問題ないらしい。だけど、とびひの細菌には他の種類もあって、その細菌に合った薬でなければ良くならないから、今日の時点でまだぐじゅぐじゅしているなら薬を替える必要があるので来院してとのこと。全然ぐじゅぐじゅしてないし、皮が復活してきているので薬が合っているのは間違いない。

8日目。とびひは日に日に良くなって、安心して海水浴に出掛けることが出来た。だけど結局、まだ遥か遠くにある超大型台風の影響で高波により遊泳禁止。まさかの遊泳禁止でしばらく砂浜で途方に暮れて海を去りました…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です