写真画像の保存方法

今回は日々撮った写真の保存について、私の実践している方法を書きたいと思います。子供が生まれてからは特に写真や動画を頻繁に撮るようになりました。スマホ、ビデオカメラ、デジカメでの撮影が主です。1ヶ月のトータルのデータサイズは平均10ギガほど。ファイル数は月平均200ほどです。それが1年間にもなると結構な数ですね。

大分類

大まかに、家族関係の写真、子供の写真、風景の写真、職場や友達の写真に分類してフォルダ分けしています。

中分類

大分類したフォルダ内にさらに『2019秋旅行』『佐藤さん送別会』『はるちゃん結婚式』など分類してフォルダ分けしています。

ただし、子供の写真は成長記録を兼ねて日々撮っているので膨大なため、月ごとにフォルダを分けています。

フォルダ名

ファイル名

さらに、ファイル名を『年月日_時分秒』にして並べているので、いつ撮った写真なのか一目瞭然です。

この、“ファイル名を『年月日_時分秒』にする”というのがポイントです。スマホでさえも違うアプリで撮ればファイル名がバラバラです。一括してパソコンに保存しようとしたら以前のファイル名と被っているなんてこともよくあります。

ファイル名がバラバラで統一感が無くても、フォルダ内の表示項目で撮影日などを選択して並び替えすることも可能ですが、私は撮った画像や動画を加工するなど2次利用することも多いのでファイル名を撮影日時に書き換えて保存している方が便利です。

ファイル名

ファイル名の一括変更

ファイル名を日時に変更する簡単な方法は、WindowsではRexiferというフリーソフトがおすすめです。とても使いやすく、一瞬で膨大な数のファイル名が書き換えできます。

icon32

RexiferはExif情報による一括リネームを主としたフリーソフトのリネーマーです。

http://zone.wp.xdomain.jp/software/rexifer

私は最近パソコンをwindowsからmacに替えて、一番困ったのはmacではRexiferが使えないということです。同様の機能があるフリーソフトもなく、ネット情報も少なく、ファイル名を一括変更するのに苦戦しました。

色々調べた結果、今のところはターミナルで一括変更するという方法に落ち着いていますが、Rexiferのように一括変更実行前に確認することができないので常にバックアップが欠かせずドキドキものです。

保存場所、記憶媒体

写真の保存は基本的にはパソコン内で、バックアップ用に外付けHDDにも保存しています。更に、子供の写真はあるていど月日が過ぎたものはCD-Rにも焼いて保管しています。USBやSDカードに保存するのはコンパクトですが、静電気で簡単にデータが壊れてしまうという欠点がありますのでそれらには保存していません。また、クラウドではあっという間に容量不足になってしまうので(課金すれば容量不足は解消できますが)保存場所としては不向きだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です