七五三(3歳)

そろそろ七五三シーズンですね。うちの娘は昨年3歳の七五三祝をしました。迷い悩んだ末、8月に前撮りして11月にお参りと食事に行きました。

前撮りの注意点

前撮りは6月頃にキャンペーンをするフォトスタジオが多く、7・8月はあまり聞きません。夏場の前撮りの一番のデメリットは、子供の日焼けだと思います。せっかくの着物やドレス姿が、顔真っ黒&半袖や水着の日焼けあとクッキリだとちょっと残念。娘はまだ幼稚園や保育園に行っていなかったので、前撮りの日までは毎日日焼け止め対策を念入りにしてました。

その他デメリットは、ロケ撮影の場合は真夏だと暑くて大変です。
逆にメリットは、着物やドレスが豊富にあるという点だと思います。他に前撮りなどで使用されていなければその分衣装も多いし、人気のドレスなどでも着られる確率が高くなります。

前撮りの撮影時間

前撮りは 娘に好きなものを選ばせて着物とドレスを1着ずつ着せました。
準備から撮影終了まで全部で約1時間でしたが、娘の緊張が解放されるまでにはちょうど良いくらいで、親には物足りないというくらいの時間でした。
緊張しすぎて笑顔の写真が無いというのも困りますが、緊張が解けて着物やドレスでふざけて走り回ったり遊んで撮影が進まないのも困りものです。

お参り当日

お参り当日は前撮りとは違う着物にしました。主人と私のそれぞれの両親と共に食事へも行き、朝から午後まで7時間くらい着物姿なので、途中で脱ぎたがらないか着崩れしないか汚してしまわないかなどドキドキものでしたが、なんとか無事過ごすことができました。

反省点

フォトスタジオはどこがいいか事前リサーチして、地元の写真館で撮影と衣装レンタルからお参り当日の私の着付け(せっかくなので私も着物を着ました)まで全部やってもらいました。結果、私も娘も髪型がちょっと残念だったかなと感じました。やはり田舎だからか??ヘアセットの仕方が昔っぽい・・・私の髪型(ショートヘア)はパーマネント伸びちゃったおばちゃん状態。すでに高齢の母にさえも「何その頭!?いつものままの方が良かったね」と言われてしまう始末。リサーチしてもやっぱり自分で体験してみなければわからないものだなと実感しました。

お参りする神社について

七五三のお参りは、住んでいる地域には小さな小さな神社や身曽岐神社がありますが、いずれにせよ今まで縁の無いところだったので気持ち的にしっくりこなくて、私の実家で縁のある神社に行きお祓い等してもらいました。

子供を授かってから、戌の日やお宮参りなど何度かお参りに行く機会があり、毎回どこの神社に行ったらいいか悩みます。
結局毎回同じ神社なのですが、嫁に出た身だし義両親に失礼ではないか気になるのでお伺いを立ててから決めています。

まとめ

七五三は一大イベントです。しかも第一子だったり初孫だったりすると、親や祖父母の気合いも一段違う家庭が多いのではないかと思います。
失敗しない為にも、早めに検討して余裕を持って当日を迎えることができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です